脱毛の基礎知識|あなたはサロン派?クリニック派?それとも自分でやる?
レーザー脱毛とはどういうもの
脱毛処理には大きく分けて2つの脱毛法があります。

その中でレーザー脱毛というものがありますが、このレーザー脱毛というものはどういうものでしょうか。

レーザー脱毛は、医療機関でないと施術できないように法律できまっています。

レーザー脱毛の仕組みとしては、黒だけに吸収すると言われる光を照射することで、毛だけではなく、毛乳頭や毛不包幹細胞を破壊することで、毛が生えてこないようにするものです。

毛を抜くのではなく、毛が生える仕組みそのものを破壊して、毛が生えてこないようにするものです。

その為レーザー脱毛は、1本1本の毛根部分にレーザーを照射して脱毛をしていきますので、1回の施術に時間がかかります。

時間がかかるという事は、料金も高くなります。

レーザー脱毛をしたあとは、冷却用ジェルなどを使って冷却しなければいけません。

レーザー脱毛は、ムダ毛を永久脱毛したい為に行うもので、1回のレーザー脱毛をするだけでは、また生えてきます。

ほんとうに永久脱毛をしたければ、最低でも3回のレーザー脱毛を施術する必要があり、悪い人の場合は、6回ほどレーザー脱毛の施術を受けないと永久脱毛はできません。

医療脱毛として、今では一般的となっているレーザー脱毛ですが、昔は針による脱毛処理を行っていて、痛みも相当なものだったようで、なかなか利用する人は少なかったのですが、現在のレーザー脱毛の場合は、痛みも少なくなっていて、施術時の時間も、針脱毛に比べて、相当短くなりました。